なかなか改善しない後鼻漏への対処法 ~鼻水をスッキリ流せる体づくり

なかなか改善しない後鼻漏への対処法 ~鼻水をスッキリ流せる体づくり

風邪を引いた後や、花粉症真っ盛りの時期に「鼻水が喉に落ちてくる」 「ドロッとしたものが喉に溜まる」という症状が出る方がおられます。

それは後鼻漏(こうびろう)と呼称され、耳鼻科でも治りにくいとされるものの一つです。

  • 鼻の奥に鼻水が溜まり、うまく出せない
  • 不快感や息苦しさが一晩中続き、うまく眠れない
  • 咳ばらいがクセになり、痛みや刺激を感じるようになる
  • 声のかすれや口臭が強くなり、言葉を話すことがおっくうになる
  • 喉にドロドロしたものが落ちてきて、飲み込むのも気持ち悪い
  • 喉や鼻を意識してばかりで、何事も楽しめない
  • 食欲が落ちる、胃腸の具合が良くない
  • 飲み込む動きを繰り返し、肩や首が痛い
  • 病院に行っても気のせいだと言われて治療がおこなわれない

これらの不快な症状は、薬を飲めばそれで治るということが割合として少なく、長引きやすい傾向にあります。

理由は、この後鼻漏という症状そのものは『病気ではないから』です。

後鼻漏はあくまで現象であり、これが不快感をもたらす個人個人の体の状態についてを見極め、対処していく必要があります。

下記に紹介する知識を、現在の不快感の軽減にお役立ていただければ幸いです。

漢方相談については、下記ボタンやこちらの解説ページからお気軽にお問い合わせください。

 

後鼻漏という症状について

人は、健康な状態でも1日に2~4L以上という大量の鼻水を分泌しています。

そのほとんどは鼻からではなく、喉に流れ落ちていき、無意識のうちに喉の粘膜が動いて飲み込んで(再吸収して)います。

つまり、鼻水が喉に流れること自体は正常な体の働きなのです。

「適切な量」「さらさらとした鼻水」「自然に飲み込む」ことができていれば、不快感は生まれません。

アレルギー性鼻炎・蓄膿症・副鼻腔炎などの炎症性疾患から鼻水の「量が増加」して「鼻水が粘っこく」なったり、逆流性食道炎、ストレスや疲労などから臓器の「自然な動きが保たれなくなる」ことで後鼻漏の不快感は生まれて行きます。

蓄膿症やアレルギー体質に関する治療について

後鼻漏の不快感が起こる原因として、鼻水の量の増加や粘つきが挙げられますが、これはアレルギー症状を起こすヒスタミンの働きや、炎症反応によるところが大きいです。

ですので、まず鼻づまりや黄色い鼻水、透明な鼻水が大量に出る等の症状があれば、専門医に受診して抗生物質や抗アレルギー薬を用い、蓄膿症や副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎の根治的治療を試みるのは大切です。

但し、抗生物質の副作用で胃腸障害を起こしたり、「蓄膿症の手術の後から後鼻漏が始まった」「鼻水は少なくなったが乾燥感や張り付きの不快感は増した」という患者さまも中にはいらっしゃいます。

この場合は体内の基本的な回復力、または水分代謝能力が元に戻っていないことが要因の一つです。しっかりと体質の部分からケアを行うことが大切です。

中医学では後鼻漏をこう見る

中医学では、後鼻漏の不快感は「痰湿(たんしつ)」「気滞(きたい)」の体質が大きく関わっていると見ます。

消化器や肺臓の働きが低下し、水分の正しい代謝が行われず、不要なドロドロした水分(=痰湿)が溜まりやすくなり、更にそれを運搬する気の力が滞ることで、喉に不快感がある状態が長く続いていきます。

消化器の力が弱まると、往々にして免疫機能や代謝機能も併せて弱まり、菌やホコリに反応して鼻水が出て…というループにも陥りやすいです。また喉と胃腸は一本の管で繋がっているため、ぜん動運動の低下が後鼻漏の不快感の慢性化にも関わっていることがあります。

喉に絡む鼻水などの粘液を除くためにも、新たに溜めないためにも気の働き・臓器の活性化は特に重要です。この部分を意識することで、効率よく体質改善が進みます。

当薬局で漢方を服用された方の例

後鼻漏に関するQ&A

ご相談方法

少しでも多くの患者さまのお役に立ちたい。このような思いから、弊社では全国からのご相談をお待ちしております。ご来店が難しい方は、お電話にてご相談をお伺いし、ご希望があればご自宅まで漢方をお届けすることも可能です。

ご来店・お電話でのご相談の場合、1回のご相談時間は約30分~1時間程度となります。じっくりお話を伺うため、ご相談は予約優先制です。スムーズなご相談を希望される場合は、以下の方法で相談可能時間をお問い合わせください。

いずれの相談方法でも、漢方のご提案までは無料ですが、当薬局での漢方服用を前提としない場合(他社様で飲まれている漢方や病院の処方薬についての問い合わせ等)に関しては服用事故防止などの観点からご相談の対象外となりますので何卒ご了承くださいませ。

お電話でのご相談

①弊社の受付電話番号(0949-28-7688)までご連絡ください。スタッフがご希望日時・時間帯をお伺いいたします。

弊社の受付電話番号(0120-928-947)までご連絡ください。スタッフがご希望日時・時間帯をお伺いいたします。

その後は、予約時間に担当のスタッフより直接ご連絡をさせていただきます。

お薬手帳をお持ちの場合は、お手元にご準備ください。

メールでのご相談

下記のお問い合わせフォームより、記入欄に従って簡単に現在の状況・病名などをお知らせください。

受付完了メール到着後、改めて担当より詳しく状況を記載する質問フォームを返信させていただきますのでご回答をお願い致します。なるべく早め~最大4営業日以内の返信を心がけておりますが、相談の予約状況や定休日によって返信が遅れてしまうこともございますので予めご了承くださいませ

【ご相談可能時間:漢方のご説明のみ】

・火曜日~金曜日 9:30~17:30
・土曜日 9:30~16:30

LINEでのご相談

LINEをご利用の方は、『なかむら薬局漢方サロン相談室』のアカウントからもご相談を受け付けております。

下記ボタンよりLINEでの友だち追加をしていただき、トークルームにて
①お名前 ②年齢 ③お悩みの病名、症状 をお知らせください。

友だち追加
メッセージをいただきましたら、一度自動応答での対応となります。その後、営業時間内にスタッフより返信をさせていただきます。

その他、何かご不明なことがありましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。なかむら薬局漢方サロンスタッフ一同、誠心誠意ご対応させていただきます。

お問合せに関する確認事項

※恐れ入りますが、お電話・メール・LINEでのスタッフ対応は下記の【営業時間】内のみ可能となっております。
※漢方相談は【ご相談可能時間】の範囲で承っております。
※メール・LINEでの受付は年中無休ですが、頂いたメールは営業時間内でのみ拝見させていただいておりますので定休日前後は返信までお時間を頂戴する場合がございます。なお、メールをお送りいただいてから7営業日が経過しても弊社よりメールが1通も届かない場合は、お手数ですが受付番号(0120-928-947)までお電話いただきますようお願い申し上げます。
【なかむら薬局漢方サロン営業時間】
・火曜日~金曜日  9:30~18:00
・土曜日 9:30~17:00
【ご相談可能時間】
・火曜日~金曜日 10:00~17:00
・土曜日 10:00~16:00
◆ 日曜日/月曜日/祝日は定休日となります。

会社概要

会社名 なかむら薬局(有限会社中村薬局)
本店所在地 福岡県直方市津田町11-3
電話番号 0949-28-7688(ご相談予約・問合せは相談室フリーダイヤルまで:0120-928-947)
設立 昭和33年12月2日
本店営業時間

<なかむら薬局調剤部門>
月・火・水・木・金 9001800
土 9001300

<漢方サロン>
火・水・木・金 9301800
土 9301700

本店定休日

<なかむら薬局調剤部門>
日曜日・祝日

<漢方サロン>
日曜日・月曜日・祝日

支店薬局
店舗案内

中村薬局日吉店(直方市)
ミント薬局(直方市)
紀之国屋調剤薬局(中間市)
ライト薬局(福岡市)

※上記店舗では漢方相談は実施しておりません。

各店舗へのアクセスや営業時間等のご案内はこちら