尋常性乾癬の漢方対策/内側からのケアで肌に自信を

カウンセラー岡田
はじめまして。なかむら薬局の漢方相談員の岡田と申します。この度は、なかむら薬局の乾癬の解説ページをご覧いただき誠にありがとうございます。

当相談室では、尋常性乾癬でお悩みの方からのご相談をお受けしております。尋常性乾癬の改善方法をお探しの方、これまでの治療で望む効果が得られなかった方のさまざまなお悩みにお応えいたします。

乾癬患者さまのお悩みを解消するために

乾癬患者さまは、当相談室にご相談をいただく前にも病院での治療を含め様々な治療をしていた、とお話されることが多いです。

それでも下記に記載するような症状が治まらず、悩んでいる方が大半です。

  • 肌を人に見せられない
  • かゆみが強く、掻くとさらに悪化する
  • いろんな病院で診てもらったが改善しなかった
  • ステロイドを長期使用しており、副作用が怖い
  • 何をやっても効果が出ず、途方に暮れている
  • 一時的には良くなるがすぐに再発を繰り返す

確かに乾癬は自己の免疫系や代謝の異常からくる比較的難治な疾患とされており、一般的な治療だけでは、完全な改善までにお時間が掛かる方も一定数いらっしゃいます。

ですがそのような方でも、自らの体内に働きかける漢方での対策では、充分に症状の抑制・軽減に繋がる方も多いです。

「どうせ治らないし…」と諦めてしまう前に、ぜひ私どもにご相談を頂ければと思います。

乾癬は内側からのケアが何よりも重要

乾癬だけではなく、皮膚病全般に共通することですが、皮膚症状をステロイドなどの外用剤のみで根本から改善することは『ほぼ不可能』と言っていいかもしれません。なぜなら、乾癬の原因は『身体の中に潜んでいる』からです。

東洋医学では「皮膚は内臓の鏡」と言われています。免疫機能や内臓機能、血流、自律神経の働き等が低下していると、それが皮膚・粘膜の異常として現れてくるのです。

外側(皮膚表面)のケアをしっかりと行っても、内側の状態が変わっていなければ、すぐに再発してしまったり、なかなか効果が表れません。乾癬の原因は免疫機能などの内側(身体機能)にあるため、改善には身体機能の補助・回復が必要です。

乾癬の対策を行う際は必ず外側と内側のケアを同時に行うことが重要です。

改善のためのポイントを押さえた漢方対策

漢方対策は、症状を抑制するだけの治療(対症的治療)のみではなく、病気が発症する根本の原因から対策を組み立てていきます。また、病院での標準的な治療対策では手が届いていない部分に働きかけ、個人個人の状態に合わせた対策を行うことで、より効果のある方法を探っていくことが可能です。

◆乾癬の漢方対策の4つのポイント

①腸内を整え、流れる血液を綺麗に保つ

血液に汚れ(過剰な中性脂肪、血糖、老廃物、炎症物質)が混ざると、血流が滞る+皮膚・粘膜への栄養や酸素の供給が低下してしまいます。(お血・血熱の状態)特に栄養を消化する腸の環境が悪化していると、そこから血液に汚れが混ざりやすくなります。その為、漢方対策では腸内環境を整えると同時に血流を高めることで、皮膚や粘膜に栄養素や酸素がしっかりと行き届くように働きかけ、健康な皮膚の再生を促していきます。

②免疫機能のバランス向上を図る

乾癬患者様は、根本的に免疫のバランスが大きく崩れています。免疫につきましては、過剰すぎても、低下しすぎても良くありません。皮膚の修復を促す+再発を予防するためにも、免疫の『調節』が重要になります。調節能力が働くためには、免疫細胞の働きを良くするために体の中を循環する血液やリンパ液、津液が効率よく流れていることが大前提となります。

また、全身の免疫系の約7割を占める「腸管」の細菌バランスを取れるようになると、乾癬を含む免疫系疾患は大幅な改善が期待できます。(腸管免疫) 便秘や下痢の改善、根本からの胃腸機能向上を含めた「腸活」を行います。

③患部に抱えた炎症を取り除く

痒みや痛み、赤みの原因はすべて「炎症(患部に抱えた不要な熱)」が主な原因です。乾癬患者さまは、リンパ球の働きが過剰になりすぎ、皮膚に炎症が起きやすくなっています。この炎症は過剰な反応を押さえたり(清熱)炎症部分の代謝を高めることにより取り除くことが容易になりますので、炎症抑制の漢方を用いて痒みや痛み、赤み、皮膚の盛り上がり等を取り除いていきます。

④臓器を動かす自律神経の働きを安定させる

乾癬患者様の約90%近くの方が精神的ストレスや不安などによって免疫機能や臓器の働きを調整する自律神経のバランスが大きく乱れています。特に痛みや痒みを増幅させ、回復力を下げる交感神経の亢進を抑え、漢方対策で自律神経の安定を図る(理気)ことで、低下している体内の免疫や臓器の働きを大きく向上させ、治療効果を引き上げることに繋がります。

漢方を服用されている患者さまのお声

T様(乾癬/宮崎県/28歳/男性/電話相談)

漢方を飲み始めて明日でちょうど3ヶ月になります。お陰様で、皮膚の赤みと痒みはほとんど気にならなくなりました。痒みが無くなってから、夜がぐっすりと寝れるようになり、ここ最近身体の疲れもほとんど感じることはなくなりました。本当にありがとうざいます。まだ完璧でありませんが、これからも漢方薬を使って体質改善できたらと思いっています。今後ともよろしくお願いします。

S様(尋常性乾癬/埼玉県/34歳/女性/メール相談)

漢方服用当初

漢方服用4か月後

乾癬の漢方対策についてよくある質問

Q:漢方を飲めば、ステロイドを止めても大丈夫ですか?

A:長期間ステロイドを使っていた方が突然ステロイドの使用を止めると、「リバウンド現象」が起こり、皮膚症状が急激に悪化することがあります。そのため、皮膚症状が落ち着くまでは漢方とステロイドを併用しつつ、ご様子を見ていくことをおすすめします。病院や医師の方針にもよりますが、症状が落ち着いていけば、自然に薬の減量も検討されていくかと思います。

Q:どのような薬をどれくらいの量飲みますか?

A:当相談室が提案する漢方対策では、患者さまの状態に合わせ、粉末・顆粒・錠剤・液剤・丸薬などさまざまな形を持つ漢方を組み合わせてご提案します。患者さまの飲みやすい形でご提案もできます。

基本的にこれらの漢方を状態に合わせて2~3種類、1日2~3回の服用を継続して経過を見ていきます。

Q:どれくらいの期間、服用すれば改善しますか?

A:乾癬に悩んでいた期間や体内の状態、患部の状態によって改善期間が違ってくるため、一概に言い切ることはできませんが、目安として2~3か月の間に何らかの変化を感じるという患者さまが多いです。

当相談室の場合、「変化がないのにずっと飲む」ということは避けるべきと考えており、変化がなければ漢方の変更などの再検討も致します。

Q:治ってきた後も跡が薄く残っています。漢方を飲んでも跡はずっと残りますか?

A:皮膚のダメージ、症状が続いていた期間などによって個人差が生まれます。

すぐにきれいに治ってしまう方もいれば、跡が消えるまでに少し時間がかかってしまう方もいます。ですが、漢方で体内の状態が高まっていけば、皮膚の免疫系や肌のターンオーバーも正常に戻るため、跡がずっと残る可能性は少なくなります。

まとめ

乾癬は、外側だけのケアを続けるだけではなかなか治癒まで到達せず、不安に思っていた方も少なからずいらっしゃいます。

ですが、しっかりと発症する原因を把握してうまく内側(体内)を整えていくことができれば、臓器を写す鏡である皮膚の状態も良くなり、自分の肌に自信をもって生活を送ることができます。

  • 肌が出る服を着られるようになった。
  • ぽろぽろ落ちるフケのような角質が少なくなった。
  • かゆみが治まり、よく眠れるようになった。
  • 自分に自信が持てるようになった。
  • ステロイドを止めることができた。

上記のような変化を出し、より良く楽しい人生を送る手助けができればと思っております。

症状が気になっている方は、ぜひ私どもにご相談くださいませ。

カウンセラー岡田
治らないかも…という不安で苦しんでいる方は、ぜひ担当岡田に今のご状態をお話しください。

ご相談方法

少しでも多くの患者さまのお役に立ちたい。このような思いから、弊社では全国からのご相談をお待ちしております。ご来店が難しい方は、お電話にてご相談をお伺いし、ご希望があればご自宅まで漢方をお届けすることも可能です。

ご来店・お電話でのご相談の場合、1回のご相談時間は約30分~1時間程度となります。じっくりお話を伺うため、ご相談は予約優先制です。スムーズなご相談を希望される場合は、以下の方法で相談可能時間をお問い合わせください。

お電話でのご相談

①弊社の受付電話番号(0949-28-7688)までご連絡ください。スタッフがご希望日時・時間帯をお伺いいたします。

弊社の受付電話番号(0120-928-947)までご連絡ください。スタッフがご希望日時・時間帯をお伺いいたします。

その後は、予約時間に担当のスタッフより直接ご連絡をさせていただきます。

お薬手帳をお持ちの場合は、お手元にご準備ください。

メールでのご相談

下記のお問い合わせフォームより、記入欄に従って簡単に現在の状況・病名などをお知らせください。

スタッフが内容を確認し、補足の質問などを記載したメールを返信致します。その後、ご体調を全て伺えましたら漢方の説明を記載した提案メールを送信致します。

なるべく早めの返信を心がけておりますが、相談の繁忙状況や定休日等により返信にお時間をいただくこともございますので予めご了承ください。

LINEでのご相談

LINEをご利用の方は、『なかむら薬局漢方サロン相談室』のアカウントからもご相談を受け付けております。

下記ボタンよりLINEでの友だち追加をしていただき、トークルームにて
①お名前 ②年齢 ③お悩みの病名、症状 をお知らせください。

友だち追加
メッセージをいただきましたら、一度自動応答での対応となります。その後、営業時間内にスタッフより返信をさせていただきます。

※ご相談の内容によって、お電話相談やメール相談への移行をお願いする場合がございますので予めご了承くださいませ。

その他、何かご不明なことがありましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。なかむら薬局漢方サロンスタッフ一同、誠心誠意ご対応させていただきます。

お問合せに関する確認事項

※恐れ入りますが、お電話・メール・LINEでのスタッフ対応は下記の【営業時間】内のみ可能となっております。
※漢方相談は【ご相談可能時間】の範囲で承っております。
※メール・LINEでの受付は年中無休ですが、頂いたメールは営業時間内でのみ拝見させていただいておりますので定休日前後は返信までお時間を頂戴する場合がございます。なお、メールをお送りいただいてから7営業日が経過しても弊社よりメールが1通も届かない場合は、お手数ですが受付番号(0120-928-947)までお電話いただきますようお願い申し上げます。
【なかむら薬局漢方サロン営業時間】
・火曜日~金曜日  9:30~18:00
・土曜日 9:30~17:00
【ご相談可能時間】
・火曜日~金曜日 10:00~17:00
・土曜日 10:00~16:00
◆ 日曜日/月曜日/祝日は定休日となります。

会社概要

会社名 なかむら薬局(有限会社中村薬局)
本店所在地 福岡県直方市津田町11-3
電話番号 0949-28-7688
設立 昭和33年12月2日
本店営業時間

<なかむら薬局調剤部門>
月・火・水・木・金 9001800
土 9001300

<漢方サロン>
火・水・木・金 9301800
土 9301700

本店定休日

<なかむら薬局調剤部門>
日曜日・祝日

<漢方サロン>
日曜日・月曜日・祝日

支店薬局
店舗案内

中村薬局日吉店(直方市)
ミント薬局(直方市)
紀之国屋調剤薬局(中間市)
ライト薬局(福岡市)

各店舗へのアクセスや営業時間等のご案内はこちら