耳管開放症・耳管狭窄症 耳の機能を保つ漢方対策

耳管開放症・耳管狭窄症 耳の機能を保つ漢方対策

カウンセラー岡
なかむら薬局漢方サロン 漢方相談員の岡と申します。この度は耳管開放症・耳管狭窄症の解説ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当相談室では、耳管開放症・耳管狭窄症などなかなか治らない耳の症状でお悩みの患者さまからのご相談を承っております。

耳管開放症・耳管狭窄症のもとになる疾患はこちら→ 慢性上咽頭炎 慢性副鼻腔炎 後鼻漏

  • 自分の声が大きく響いたり、こもって聞こえる
  • 自分の声の大きさが分かりにくい
  • 高い音や低い音が聞き分けにくい
  • 耳の中が詰まっていて痛むこともある
  • ふらつきやめまいが起きる
  • 耳管開放症・狭窄症の薬を飲んでも変わらない

主として上記のような症状を伺うことが多いです。

耳管開放症・耳管狭窄症は、本来であれば気圧の調節で一瞬開くだけの「耳管」が開きっぱなしになる・または耳管が狭くなる事で音の聞こえに影響する疾患です。

治療をおこなっても変化に乏しい場合があり、人によっては長い期間症状に苦しむこともあります。

その場合は、患者さま自身の体をパーツごとではなく全体の流れとして把握する東洋医学の考え方が体を改善していく糸口になるかもしれません。

もともと耳管開放症・耳管狭窄症には漢方治療が有効な手立てとされています。

当相談室でご提案の際は一人一人じっくりとお話を伺い、患者さまそれぞれの状態に最適な漢方対策をお伝え致しますので、どうぞお気軽にご利用くださいませ。

友だち追加

耳管開放症・耳管狭窄症を起こす仕組み

耳管(じかん)とは、鼓膜の奥から咽頭・鼻にかけてを結ぶ管です。

通常、耳管は閉じているものですが、気圧の変化などに応じて開くというように対応することで音の聞こえ方などを調整しています。

耳管開放症の場合

耳管開放症とは、一度開いた耳管が元に戻らないことで不快な症状が起きます。

飛行機の中や、あくびをする時、ものを呑み込んだ時に一瞬だけ開く分には問題ありませんが、開きっぱなしになると、管で繋がっている咽頭からの音が丸聞こえになってしまい、普段は聞こえない自分の声が大きく聞こえたり(自声強調)自分の呼吸音が常に聞こえたりと大きなストレスになります。

また鼓室内の空気が流れ込みっぱなしで圧力が調節できないため、耳に水が入った時のようにボーッとこもった音の聞こえになったり、耳鳴りが起こるようになります。

開放症の場合、「鼻すすり」を行うとこうした症状が一時的に緩和することがありますが、鼻すすりを日常的に行うと「鼻すすり型耳管開放症」といって難治性に移行することもあるため注意が必要です。

耳管開放症の原因

体の動作や気圧に応じて動かす組織のため、開きっぱなし=弛緩した状態から「体力が落ちる時・血流が滞る時」に発生する傾向が高いです。

急激なダイエット・低血圧・脱水・自律神経失調・慢性的疲労など、または低用量ピルや血液透析などの副作用として起こることもあります。

耳管狭窄症の場合

耳管狭窄症は、炎症・粘膜の癒着から耳管が上手く開かないことで起こります。

空気を逃がして圧力の調整を行う耳管が閉じてしまうと、新しい空気が流入せずに鼓室内の気圧がどんどん下がっていきます。結果、鼓膜が「びいどろ」のように、呼吸のたびポコポコ音をたてたり、音の聞こえが悪くなる、音がこもるなどの症状に繋がります。

また鼓室内の圧力が下がると鼓膜が内側に向かって引き込まれ、癒着性中耳炎・真珠腫性中耳炎のリスクになります。この疾患は進行すると中耳の平衡感覚、顔面神経を傷めるため、難治性めまい・顔面麻痺に繋がる恐れもあります。

耳管狭窄症の原因

耳管を圧迫する要因としては、粘膜の炎症・組織周囲にできた腫瘍などが挙げられます。

上咽頭炎副鼻腔炎中耳炎後鼻漏など、免疫機能が弱って発生した鼻や咽頭の炎症が耳管まで拡がって腫れてしまう、またリンパや耳管の周りにできた腫瘍で外側から圧迫されることで耳管が塞がって症状が起きます。

耳管開放症にはなぜ水分補給?

耳管開放症には、生活指導として十分な水分補給体重増加を勧められる場合があります。

これは耳管が開いてしまう要因の一つに、周辺組織が減ってしまうことがあるからです。

急激なダイエットや、日ごろから充分に水分を取らないと、組織の数が減って耳管が閉じておくために必要な質量が保てず、耳管を締める動き自体に問題は無くても、聴力に異常をきたすことがあります。

例えばドライフルーツや高野豆腐など、乾燥したものは組織に穴が開き、元の果物や豆腐に比べて小さくなります。

充分な質量を保つには、細胞の数をたくさん用意するか、乾燥させないことが大切なのです。

耳管開放症・耳管狭窄症の漢方対策

東洋医学では、耳の症状は「血虚」「腎虚」の症状と言われます。

血とは、心身を巡って栄養を巡らせるもの。腎とは、根本的に体を支える生命力を指します。

耳管開放症・耳管狭窄症はどちらも体力の低下や免疫機能の低下によって、耳管を作る組織が足りなくなる・または組織を正常に保つ力が低下してしなやかな耳管の動きを失って起こる症状です。

自分自身で血や腎の働きを維持できるようになることが体質改善への大きな助けとなります。

①水の滞り、血の滞りを正常に戻す

②足りない栄養分や血を補う

③腎を強くすることで耳の機能を維持する

上記のように基本の流れを踏襲しながら、その時の状況や体調に応じて素早く自らを労わることが大切です。当たり前の事ですが、実は出来ている方は少ないです。

耳の症状に関しては特に、自分の体調に関して後回しにせず、その場その場で対処していくことが早い治癒・または予防につながります。

そのためには自分の体質を把握して、最適なケアをしていくことが最善です。対策を立てるためにも、どうぞお話を聞かせてください。

※効能・効果には個人差があり、確実な効果を保証するものではございません。
※当薬局では、効果・病状などの経過を伺いながら漢方の変更等も柔軟に検討・対応させていただきます。

よくある質問

Q:漢方と病院薬との併用はできますか?

A:基本的に併用は可能です。しかし、ご提案する漢方によっては併用がおすすめできないものもございますので、現在服用中のお薬は確認させていただき、併用できると判断したもののみご提案させていただきます。

Q:どのような薬をどれくらいの量飲みますか?

A:当相談室が提案する漢方対策では、患者さまの状態に合わせ、粉末・顆粒・錠剤・液剤・丸薬などさまざまな形を持つ漢方を組み合わせてご提案します。種類によりますが、患者さまの飲みやすい形でご提案もできます。

基本的にこれらの漢方を状態に合わせて2~3種類、1日2~3回の服用を継続して経過を見ていきます。

Q:どれくらいの期間、服用すれば改善しますか?

A:耳管開放症に悩んでいた期間や体内の状態、患部の状態によって改善期間が違ってくるため、一概に言い切ることはできませんが、目安として2~3か月の間に何らかの変化を感じるという患者さまが多いです。その後は「患者さま本人が気にならないレベル」になるまで服用を続けていきます。当相談室の場合、「変化がないのにずっと飲む」ということは避けるべきと考えており、変化がなければ漢方の変更などの再検討も致します。

漢方を服用された患者さまのお声

※効能・効果には個人差があり、確実な効果を保証するものではございません。

耳管開放症・胃下垂  神奈川県 26歳女性

昔から疲れると耳の調子が悪くなり、ボーッと汽笛を間近で聞いているような音や、自分の呼吸音が耳元で聞こえるなど、不快な症状がありました。
最近になって症状が悪化し、週に3~4回は耳の聞こえに異常が出るように。睡眠にも支障が出てきて、病院に行っても「耳管開放症は基本的に治らない」と言われてショックを受けました。
藁にも縋る気持ちで漢方を飲み始めたところ、少しずつではあるものの集中している時などは耳の異音が気にならなくなり、そこから徐々に耳を気にせず過ごせるようになってきました。
胃腸の調子がよくなり、体重が増えてきたのも嬉しいです。

耳管開放症・慢性上咽頭炎  茨城県 38歳男性

2年前くらいから慢性上咽頭炎を患い、喉の痛み・風邪を引きやすいなどの体質を改善したくさまざまな治療を行ってきました。
Bスポット療法や整体、自分で調べたものや処方された漢方薬を飲み、喉の不快感は7割方治まったものの、耳鳴りや自分の声が耳元で響く症状が残ってしまいました。
四六時中聞こえる音にすっかり参ってしまい、精神的にも限界でしたが、提案いただいた漢方薬を服用後、お腹の中から温まる感覚と一緒に体の緊張が解けたような感覚、耳の音が少し薄くなる(ベールをかぶせた感じ)効果を感じました。
喉の調子もよく、個人的には心療内科で貰った安定剤よりも効いた感覚があり、お守り代わりに職場にも置いています。

耳管狭窄症・アレルギー性鼻炎  鳥取県 17歳男性

(お母さまの代理相談)
昔から鼻水が多く、中耳炎や蓄膿症もしょっちゅうでした。
大きくなるにしたがって少しずつ治まってきたものの、ここ数か月「耳が痛い」ということが多くなり、音がこもって聞こえるというので病院にいったら耳管狭窄症との診断。
アレルギー体質や鼻喉の炎症を治さなければいけないとのことですが、病院の処方薬もあまり効かず…
他にも出来る治療はないかと漢方にたどり着きましたが最初は面倒がって飲まず、雷を落として何とか飲ませました。最初はあまり変化がなかったものの、1か月半くらい経ったところで耳が通る感覚が何度かあったとのこと!少しずつ頻度が増え、今は日中ほとんど耳の聞こえには問題ないとのこと。
今もまずそうに飲んではいますが、始めてよかったと思います。
その他のお声はこちら

ご相談方法

少しでも多くの患者さまのお役に立ちたい。このような思いから、弊社では全国からのご相談をお待ちしております。ご来店が難しい方は、お電話にてご相談をお伺いし、ご希望があればご自宅まで漢方をお届けすることも可能です。

お電話でのご相談の場合、1回のご相談時間は約30程度となります。じっくりお話を伺うため、ご相談は予約優先制です。スムーズなご相談を希望される場合は、以下の方法で相談可能時間をお問い合わせください。

いずれの相談方法でも、漢方のご提案までは無料ですが、漢方服用を前提としない場合(他社様で飲まれている漢方や病院の処方薬についての問い合わせ等)に関してはご相談の対象外となりますので何卒ご了承くださいませ。

お電話でのご相談

①弊社の受付電話番号(0949-28-7688)までご連絡ください。スタッフがご希望日時・時間帯をお伺いいたします。

弊社の受付電話番号(0120-928-947)までご連絡ください。スタッフがご希望日時・時間帯をお伺いいたします。

その後は、予約時間に担当のスタッフより直接ご連絡をさせていただきます。

お薬手帳をお持ちの場合は、お手元にご準備ください。

メールでのご相談

下記のお問い合わせフォームより、記入欄に従って簡単に現在の状況・病名などをお知らせください。

受付完了メール到着後、改めて担当より詳しく状況を記載する質問フォームを返信させていただきますのでご回答をお願い致します。なるべく早め~最大4営業日以内の返信を心がけておりますが、相談の予約状況や定休日によって返信が遅れてしまうこともございますので予めご了承くださいませ

提案する漢方については、間違い・誤解などを避けるため、できるだけメールではなく「お電話で」ご説明を差し上げてから服用をいただいております。所要時間は15~20分程度となります。

ご体調をお伺いする際、質問フォーム内にお電話番号を記載する欄がございます。併せて希望時間を記載できますので、下記を参考に希望時間をご記載くださいませ。

【ご相談可能時間:漢方のご説明のみ】

・火曜日~金曜日 9:30~17:30
・土曜日 9:30~16:30

その他、何かご不明なことがありましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。なかむら薬局漢方サロンスタッフ一同、誠心誠意ご対応させていただきます。

お問合せに関する確認事項

※恐れ入りますが、お電話・メール・LINEでのスタッフ対応は下記の【営業時間】内のみ可能となっております。
※漢方相談は【ご相談可能時間】の範囲で承っております。
※メール・LINEでの受付は年中無休ですが、頂いたメールは営業時間内でのみ拝見させていただいておりますので定休日前後は返信までお時間を頂戴する場合がございます。なお、メールをお送りいただいてから7営業日が経過しても弊社よりメールが1通も届かない場合は、お手数ですが受付番号(0120-928-947)までお電話いただきますようお願い申し上げます。
【なかむら薬局漢方サロン営業時間】
・火曜日~金曜日  9:30~18:00
・土曜日 9:30~17:00
【ご相談可能時間】
・火曜日~金曜日 10:00~17:00
・土曜日 10:00~16:00
◆ 日曜日/月曜日/祝日は定休日となります。

会社概要

会社名 なかむら薬局(有限会社中村薬局)
本店所在地 福岡県直方市津田町11-3
電話番号 0949-28-7688
設立 昭和33年12月2日
本店営業時間

<なかむら薬局調剤部門>
月・火・水・木・金 9001800
土 9001300

<漢方サロン>
火・水・木・金 9301800
土 9301700

本店定休日

<なかむら薬局調剤部門>
日曜日・祝日

<漢方サロン>
日曜日・月曜日・祝日

支店薬局
店舗案内

中村薬局日吉店(直方市)
ミント薬局(直方市)
紀之国屋調剤薬局(中間市)
ライト薬局(福岡市)

※上記店舗では漢方相談は実施しておりません。

各店舗へのアクセスや営業時間等のご案内はこちら