長引くコロナ後遺症についての漢方対策/傷ついた体の回復を促して体力を補う

長引くコロナ後遺症についての漢方対策/傷ついた体の回復を促して体力を補う

カウンセラー岡
なかむら薬局漢方サロン 漢方相談員の岡と申します。これまでの呼吸器系を専門とした豊富な経験を元に、なかなか改善しない症状に悩む皆様のお役に立てればと思います。

当相談室では全国からのお悩みについて、漢方相談を承っております。近頃は、「新型コロナウイルス感染症にかかった後、体の不調が取れない」という患者さまよりご相談をいただくことが急増してまいりました。

  • 軽い風邪のような症状が治らず続いている
  • 強い倦怠感があり、生活に支障が出ている
  • 喉がイガイガする
  • 味覚・嗅覚が戻らない
  • 後鼻漏が辛い(鼻の奥が詰まる、粘り気のあるものが絡む)
  • 夜になると咳が出る
  • 頭がもやもや・ぼうっとして集中力が続かない(ブレインフォグ)など…

新型コロナウイルス感染症による影響はまだ未知数で、起こる症状も人それぞれ。回復した後も長く続く後遺症に、対症療法を行ってもなかなか症状が引かず、不安に思っている方も多いです。

漢方薬は、もともと「個人の体質・病態に合わせて」服用することで最大限の効果を発揮していくものです。自己治癒力を引き上げることを目標にしているため、原因の分からない症状・治療をしているのに長引く症状に対して有効に使われるケースが多くあります。

なかむら薬局漢方サロン相談室では、一人一人の患者様に細かく問診を取らせていただき、その結果から患者様の体質・症状を見極め、患者様に最も合った対策をご提案させていただきます。

慢性上咽頭炎咳喘息など、呼吸器系に特化した相談経験が少しでもお役に立てるかと思います。

しっかりとお話を伺い、今の状態に最適な対処法をお伝え致しますので、どうぞお気軽にご利用くださいませ。

 

友だち追加

コロナ後遺症とは?

新型コロナウイルス感染症から回復した後、後遺症として様々な症状が出てくる場合があります。

Long COVID(ロングコビット)といい、およそ回復者の3割程度に見られ、さらにその中の約6割が40代以下の方です。

症状は多岐に渡り、微熱が続く・倦怠感・咳が止まらない・喉が詰まったような息苦しさ・動悸・不眠症・ヘルペス・味覚障害・嗅覚障害・頭痛・集中力の低下(ブレインフォグ)等、人によりさまざまな症状を呈します。

特有の症状というのは判明しておらず、検査によって他の原因が見当たらない場合・また新型コロナウイルス感染症からの回復から4週間以上経過しても症状が続く場合に後遺症を疑います。

今のところははっきりと有効な手立ては見つかっておらず、出ている症状について対症療法を行っていくのが一般的です。

すぐに治らない場合も多く、人によっては一年以上症状が続くことがあります。

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症Q&A(項目2.問9を参照)

東京都福祉保健局 新型コロナウイルス感染症 後遺症リーフレット

症状の傾向と対策

後遺症が起こる仕組みについては明らかになっておらず、自己免疫反応・ウイルスによる肺の線維化・ウイルスによる過剰な炎症(サイトカインストーム)から来ているのではないかという見方が優勢です。

似た症状から見て行くと、感染性・炎症性疾患の後に起こりやすい慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)慢性上咽頭炎の疑いと見られることもあります。これはどちらも炎症性サイトカインによる病巣炎症(炎症を起こしている部分からサイトカインが巡り、全身に症状が出ること)が関連しているとされる疾患です。

慢性疲労症候群の場合は漢方治療を中心とした対症療法・充分な休養が治療のガイドラインとなります。慢性上咽頭炎は上咽頭に起きている炎症部分に対してBスポット治療(上咽頭擦過治療/EAT)が有用です。

早期改善における対策

コロナ後遺症、慢性疲労症候群、慢性上咽頭炎どちらにおいても体力の低下は見られます。また症状が人それぞれであるため、その時の病態に合わせて組み合わせを行うことが重要です。

体の中で熱が溜まるような症状については熱を取り除く清熱作用のある漢方、咳や息苦しさに関しては肺の力を補う漢方を用います。

また共通する部分としては気虚(ききょ)という状態です。気とは、東洋医学で臓器を動かす・体を守る・体内を温める等、健康を維持していく上で重要な体の仕組みです。

大きな炎症によってバランスを崩した免疫反応を元に戻すには、この気の力を充実させ、体内の働きを安定させることが重要です。

まずは不快な症状の改善を助け、自分に合った方法を見つけていくことです。

もちろん、後遺症の対策ポイントは上記だけではなく、患者さまそれぞれにおいて最善の方法は違います。しっかりと自分に合った対策を行うことで今とは違う変化が見えてくることもございます。最善の対策を行っていくために、まずはお話を聞かせてください。

※効能・効果には個人差があり、確実な効果を保証するものではございません。
※当薬局では、効果・病状などの経過を伺いながら漢方の変更等も柔軟に検討・対応させていただきます。

友だち追加

辛い症状を緩和する助けとして

まだまだ分からないことが多い新型コロナウイルス感染症、またその後遺症に関しては相談できるところも少なく、ご不安な気持ちを抱えている患者さまも多いです。

当薬局では、慢性上咽頭炎や後鼻漏、咳喘息といった主として呼吸器症状への対策として漢方薬をご提案してきました。

これまでに伺ってきた多くの症状は、現在判明しているコロナウイルス感染症の後遺症による症状と一致する部分も多く、おつらい症状に対して少しでも力になれるのではと考えております。

人間の体には人それぞれ弱い部分があり、大きく体調を崩した後はその部分に長く患いが残りやすい傾向にあります。

漢方薬は体全体にバランスよく快復を促しながら、弱い部分に対しても効かせることができ、そういった部分を補うことで早い効果に繋がる方も多いです。

根本的な体質から見直し、改善への手助けができればと思っております。

カウンセラー岡
症状が気になっている方は、ぜひ私どもにご相談くださいませ。

上咽頭炎の漢方対策についてよくある質問

Q:漢方と病院薬との併用はできますか?

A:基本的に併用は可能です。しかし、お薬の中には併用できないものもございますので、現在、服用中のお薬はすべてご確認させていただき、併用できるもののみご提案させていただきます。ご安心くださいませ。

Q:どのような薬をどれくらいの量飲みますか?

A:当相談室が提案する漢方対策では、患者さまの状態に合わせ、粉末・顆粒・錠剤・液剤・丸薬などさまざまな形を持つ漢方を組み合わせてご提案します。患者さまの飲みやすい形でご提案もできます。基本的にこれらの漢方を状態に合わせて2~3種類、1日2~3回の服用を継続して経過を見ていきます。

Q:どれくらいの期間、服用すれば改善しますか?

A:体内の状態、症状の大きさによって改善期間が違ってくるため、一概に言い切ることはできませんが、目安として1~3か月の間に何らかの変化を感じるという患者さまが多いです。当相談室の場合、「変化がないのにずっと飲む」ということは避けるべきと考えており、変化がなければ漢方の変更などの再検討も致します。

ご相談方法

少しでも多くの患者さまのお役に立ちたい。このような思いから、弊社では全国からのご相談をお待ちしております。ご来店が難しい方は、お電話にてご相談をお伺いし、ご希望があればご自宅まで漢方をお届けすることも可能です。

ご来店・お電話でのご相談の場合、1回のご相談時間は約30分~1時間程度となります。じっくりお話を伺うため、ご相談は予約優先制です。スムーズなご相談を希望される場合は、以下の方法で相談可能時間をお問い合わせください。

いずれの相談方法でも、漢方のご提案までは無料ですが、当薬局での漢方服用を前提としない場合(他社様で飲まれている漢方や病院の処方薬についての問い合わせ等)に関しては服用事故防止などの観点からご相談の対象外となりますので何卒ご了承くださいませ。

お電話でのご相談

①弊社の受付電話番号(0949-28-7688)までご連絡ください。スタッフがご希望日時・時間帯をお伺いいたします。

弊社の受付電話番号(0120-928-947)までご連絡ください。スタッフがご希望日時・時間帯をお伺いいたします。

その後は、予約時間に担当のスタッフより直接ご連絡をさせていただきます。

お薬手帳をお持ちの場合は、お手元にご準備ください。

 

メールでのご相談

下記のお問い合わせフォームより、記入欄に従って簡単に現在の状況・病名などをお知らせください。

受付完了メール到着後、改めて担当より詳しく状況を記載する質問フォームを返信させていただきますのでご回答をお願い致します。なるべく早め~最大4営業日以内の返信を心がけておりますが、相談の予約状況や定休日によって返信が遅れてしまうこともございますので予めご了承くださいませ

【ご相談可能時間:漢方のご説明のみ】

・火曜日~金曜日 9:30~17:30
・土曜日 9:30~16:30

LINEでのご相談

LINEをご利用の方は、『なかむら薬局漢方サロン相談室』のアカウントからもご相談を受け付けております。

下記ボタンよりLINEでの友だち追加をしていただき、トークルームにて
①お名前 ②年齢 ③お悩みの病名、症状 をお知らせください。

友だち追加
メッセージをいただきましたら、一度自動応答での対応となります。その後、営業時間内にスタッフより返信をさせていただきます。

その他、何かご不明なことがありましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。なかむら薬局漢方サロンスタッフ一同、誠心誠意ご対応させていただきます。

お問合せに関する確認事項

※恐れ入りますが、お電話・メール・LINEでのスタッフ対応は下記の【営業時間】内のみ可能となっております。
※漢方相談は【ご相談可能時間】の範囲で承っております。
※メール・LINEでの受付は年中無休ですが、頂いたメールは営業時間内でのみ拝見させていただいておりますので定休日前後は返信までお時間を頂戴する場合がございます。なお、メールをお送りいただいてから7営業日が経過しても弊社よりメールが1通も届かない場合は、お手数ですが受付番号(0120-928-947)までお電話いただきますようお願い申し上げます。
【なかむら薬局漢方サロン営業時間】
・火曜日~金曜日  9:30~18:00
・土曜日 9:30~17:00
【ご相談可能時間】
・火曜日~金曜日 10:00~17:00
・土曜日 10:00~16:00
◆ 日曜日/月曜日/祝日は定休日となります。

会社概要

 

会社名 なかむら薬局(有限会社中村薬局)
本店所在地 福岡県直方市津田町11-3
電話番号 0949-28-7688(ご相談予約・問合せは相談室フリーダイヤルまで:0120-928-947)
設立 昭和33年12月2日
本店営業時間

<なかむら薬局調剤部門>
月・火・水・木・金 9001800
土 9001300

<漢方サロン>
火・水・木・金 9301800
土 9301700

本店定休日

<なかむら薬局調剤部門>
日曜日・祝日

<漢方サロン>
日曜日・月曜日・祝日

支店薬局
店舗案内

中村薬局日吉店(直方市)
ミント薬局(直方市)
紀之国屋調剤薬局(中間市)
ライト薬局(福岡市)

※上記店舗では漢方相談は実施しておりません。

各店舗へのアクセスや営業時間等のご案内はこちら